我が人生で一番辛かった時期の話
30年前ラブホテルの支配人してました。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

女の五感を支配する究極のSEXテクニック

人の体は脳に支配されている、快感は全て脳で感じているからだ!


1年間に793人の女を口説き落とした

“女の心を丸裸にする男”が語る、


『女の五感を支配する究極のSEXテクニック』



知ってしまえば、誰でも今すぐ女を必ず満足させられる!





もし、セックスでいつも自分が先にイッテしまう、もしくは、いつも彼女が同じようなイキかたをしているようなら要注意!!間違いなく彼女は不満を持っているはずだ。


少しでも心当たりがあるのなら、手遅れになる前に、私が救われたこの話をどうか聞いて下さい。


愛する人を失う前に・・・・





事件は月曜日の朝 9 時に起きた!


「えっ・・・うそ・だ・・俺・・・騙されていた・・・?」


あまりのショックにボーゼンとして、ハッと我に返って時計を見たら時計の針が 11 時を回っていた。カバンの中から携帯電話を取り出すと、会社の上司からの着信が 17 件も入っている。



しかし、今の私はそれどころではなかった。



2 時間前からずっと、もう片方の手に握っている携帯電話を見てしまったせいで。


今日、美容師の彼女は仕事の打ち合わせがあるため、いつもより早く仕事に出かけた


。急いでいたせいか、携帯電話をわすれていったのだ。


いつもならしないのだが、その日私はついその携帯電話の中を見てしまった・・


そして、そのメールの送信履歴には、こう書かれていた。





(私が盗み見してしまった彼女の携帯メールの画面)





う~ん、どうしようか正直悩んでる。確かに私のことすごく大

切にしてくれるし、彼のことは好きなんだけど、

エッチがすごくあわないっていうか、ハッキリ言って彼 H へたなの。





やっぱり結婚は無理かも 、このまま毎日イクふりしてるのも限界だし・・





>ねえ、ところでユミさ ぁ、今の彼と結婚するの?


夢にも思っていないことだった・・・





今まで 3 年間もイッタふりだったのか・・オレはすっげえ気もあって相性もいいと思って結婚まで考えていたのに、オレばかみてーじゃねーかよ!


どうしても怒りがおさまらなくなり、私は彼女に電話した( 3 年間もオレを騙し続けて・・・ちくしょう・・・)


その時、彼女の携帯の着信音が鳴った・・オレの左手で!


「あっ!オレなにやってんだ・・」


こんなアホな事をして、私はし少し冷静さを取り戻した。


何も考えられなくなっていた私は、その日会社を休んだ。


そして、普段からよく仕事の事など相談にのってもらっている兄貴のような存在の先輩の経営する会社に向かった。


こんな恥ずかしい事は兄貴にしか相談できない、とにかく今朝あった事を話し、この先どうしたら良いのか相談しようと思った。


先輩は一流のセールスマンでもあり、常に私の人生の師匠でもあった。


人の心理をとても良く理解していて、常に的確なアドバイスをしてくれる最も頼りになる人だ。


真昼間からコンビニでロング缶のビールを1パック買って、先輩の会社に行くと、先輩は仕事の手を止めて私の話を聞いてくれた。



「おう!ヒデ、どうした?仕事さぼってんのか?昼間っから酒なんか持ってきて・・・女にでもフラれたか?」



「えっ ! ・・・いや・・」



先輩はビールを2缶開けて、 1 つは自分用にそしてもう 1 つは私の目の前に置いてくれました。私は4口一気に飲み込んで、こう切り出した・・・



「いや実は・・今朝彼女の携帯を見てしまったんですよ・・・」



そして、その内容と自分の心境と今後どうしたら良いのかを先輩にたずねた。


すると先輩は、



「お前なぁ~彼女の携帯なんか見ちゃだめだろう!この事は彼女に黙っておけ、お前の気持ちも分かるけど、彼女にしてみれば絶対に知られたくない事だろう。何よりも原因は、お前のセックスが下手だって言う事なんだからな!


だったら彼女を本気でヒ~ヒ言わしてやればいいことだろう!


簡単な話さ!! 」



(・・って!先輩・・・それが出来てりゃこんなに困ってないって・・)



「いや・・・自分は経験が少ないし、彼女を含めても今までに 3 人しかセックスしたことが無いんです・・・先輩はどうなんですか?」



何となく聞いてみた。



「オレも年だし、かみさんもうるせーから、最近はやってね~けど、昔はかなりヤッたな~っ!なんせセールス力がない男はナンパも出来ないし、女を喜ばす事だって出来ないんだってオレも先輩から教わったから、セールスの勉強の意味であの時は 1 年に 800 人以上はナンパしたかな?」



「えっ!!まじっすか?・・・で・・その内何人とやったんすか?」





「お前アホか!何のためにナンパしてんだ、やんなかったら意味ね~だろう!全員に決まってんだろ!


あっ!いや2人だけホテルに連れ込んだけど、飲みすぎて酔いつぶれて何もしないで先に寝ちゃった事があったな!ハハハハ(笑)


その内 1 人は、オレが目が覚めたら居なくなってて、シャワーに入ろうとして自分のチ○コを見たら口紅で“バカ”って書いてあった、あの時は死ぬほど1人で笑ったな(爆)」





(やっぱり、変な人だこの人は・・・・)





「じゃあ、先輩はその2人を除いて 800 人以上もの女とやって何人くらいイカせたんですか!」(ドキドキ)





「ん?全員」





「ぜっ・・全員て!?・・せっ先輩!一生のお願いス!!自分にも先輩のそのワザを教えて下さい!」





「しかたね~なぁ!」





と言って先輩はビールをもう1缶開けて話してくれた。


その話は何と 2 時間以上続いた・・・

しかし、私にはその時間がものすごく短い時間に感じられたくらい先輩の話に聞き入っていました。



「・・・・スゴイ!・・・スゴすぎる・・・」



その内容は、今まで私が目にしたモノや耳にしたモノとは全てが違っていた。


口説き方から始まり、女性をオーガズムに導くまでのテクニックが全て完璧に計算されたテクニックだったからだ。


H ビデオや、雑誌やネット上のマニュアルにも無い、全く別次元のものだった。


女性の、いや!人間の心理・感情を理解し、それをコントロールまで出来るこの先輩のテクニックだからこそ、自分の思い通りに女をイカせるという、まるで魔法のような総合的なテクニックだった。


話を聞き終わって、正直無性に腹が立った・・・思わず



「先輩!何でもっと早くコレ教えてくれなかったんすか?」



思わず叫んでしまった。



「・・・アホか!お前聞いてこなかったろ?何怒ってんだ??」



「あっ!!・・すいません逆ギレでした、つい興奮してしまって、まさか先輩がこんなスゲー事知ってるなんて夢にも思ってませんでしたし・・・・


セールスの天才なのは昔から知ってましたけど、それが女の方にも使えるなんて思いもしませんでしたよ。


しかも、こんなに簡単なテクニックで女をそれだけ喜ばせるなんて、誰だって想像もつきませんよ!」





正直、絶句です!こんなにすごいテクニックなのに、今日からすぐに 実践できる内容ばかりでしたから。



「先輩、今日は本当に有難う御座いました!早速、今日から彼女に試してみます、きっとこれでうまくいくと信じています」



そして、2ヶ月後、彼女の口からこんな言葉が聞けました。


「いったい何時になったら結婚してくれるの?」


最高に幸せな気持ちでした!!!


続きはこちらから






女の五感を支配する究極のSEXテクニック




「ゼロ円からの錬金術」
 




完全無敵の自動ダウン構築マシン
 





資料請求はこちらから借金地獄・多重債務を解決します 




トップページへ




にほんブログ村 アフィリエイトブログへ
人気blogランキングへ



ブログランキング
<br />クチコミblogランキング TREview


スポンサーサイト

この記事に対するコメント
なし
あけおめ~!みてみて→http://gabriel.s299.xrea.com/
【2008/01/06 09:28】 URL | ななこ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ganb1113.blog84.fc2.com/tb.php/271-56f94646
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

ばかもん

Author:ばかもん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する