我が人生で一番辛かった時期の話
30年前ラブホテルの支配人してました。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

1037人の男達から口説かれたNo,1ホステスが伝授!女を夢中にさせる会話術【完全無敵のモテ男計画】

とにかく騙されたと思って





まずは↓の私の友人との嘘のような本当の話を読んでください!





ご注意:信じられないかもしれませんが、この物語は、


人物・ストリー共に実際にあった物語です。





「もう、女なんて二度と好きになるもんか!!」


とある居酒屋で酔い荒れる 江藤君。




この江藤君、またもやふられた様です(ふられた人数は30人を超えている)。

しかも、相当貢いだにも関わらず、手も握った事が無いようです。




この江藤君は中学生からの友達です。

何度もコンパをしたり、女の子を紹介したが全く駄目。

昔から江藤君は狙った女を落とした経験がない。

女に縁が無く、恋愛ベタな江藤君を見ているうちに、さすがに可哀相になり、

女の私が今までの口説かれてきた経験を生かし、あるアドバイスをしました。





わたし:  「女の子を口説く時、江藤君はどうやって口説いているの?」

江藤君: 「えっっ・・・・、俺のカッコいい所を見せようと頑張ったり、

楽しい会話をしてあげたり、プレゼントをしたりとか・・・。」

わたし:  「けっこう、頑張っているみたいだけど、

今日からそんなことを一切やめて。」

江藤君: 「ええぇ!そんな事してたらもっとモテなくなっちゃうよ!俺、ブサイクだし・・。」

わたし:  「ごめん。ビックリさせて。

でも、女の子を口説くのにそんな事を頑張ったて落とせないよ。

女の子を口説くには、ある方法があるの。」

江藤君: 「ある方法??」

わたし:  「私が口説かれた経験からすると、

モテル男の人は、あることを自然と知っているの。」

江藤君: 「どうすれば、出来るの?」

わたし:  「それはね・・・・。

女の子の本音を見抜いて、女の子の気持ちを揺さぶるの。

その本音には無意識の共通点があって・・・・・」



実は、モテる男の人は、ある共通の行動が存在します。

あなたの周りにもいませんか?

イケメンでもないのに、何故かモテる男。

その男性達は、知ってか知らずか

自然と女のある本音を理解して行動しているからなんです。





江藤君はその後・・・・・・・・





これまでの9回もの合コンでうまくいかなかった江藤君が、

なんと10回目の合コンで、その日一番の美女をお持ち帰り!




3日後には、その美女を彼女として紹介されました。





続きはこちら








1037人の男達から口説かれたNo,1ホステスが伝授!女を夢中にさせる会話術【完全無敵のモテ男計画】
 





「ゼロ円からの錬金術」
 




完全無敵の自動ダウン構築マシン
 





資料請求はこちらから借金地獄・多重債務を解決します 




トップページへ




にほんブログ村 アフィリエイトブログへ

気blogランキングへ



ブログランキング
<br />クチコミblogランキング TREview


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ganb1113.blog84.fc2.com/tb.php/273-69c059a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

恋愛、女性が上:adarutoの情報【adarutoの紹介】

adarutoな恋愛の事例ですadarutoな女性を指や口で2,3回いかせ、ペニスをくわえさます。adarutoなヴァギナに入れて欲しくてじれているみたいですがしばらくはそのままでadarutoな恋愛。足元でadarutoに這いつくばってペニスをくわえながら、愛液が内ももをつたっていま?... adarutoの情報【adarutoの紹介】@adaruto情報【2008/01/06 14:26】

FC2カウンター

プロフィール

ばかもん

Author:ばかもん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する