我が人生で一番辛かった時期の話
30年前ラブホテルの支配人してました。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

片思いのまま終わりたくないあなたへ

Topbanar

















貴方は今現在抱えている気持ちを言葉で説明できますか?


  • 気持ちが伝わらない苦しさ。


  • 彼が誰かに取られてしまう不安。


  • 自分に対するコンプレックス












とても具体的な言葉にする事ができない程のマイナス感情が渦巻いている事と思います。







「今日は彼とよく目があった」

「今日はすれ違う事もできなかった」








などと一喜一憂する事に、一体何の意味があるでしょうか?自分の満足度と片思い成就までの道のりは比例しません。







また、







「恋をする事に意味がある」

「失恋は無駄にならない」







こんな言葉をよく聞きます。





そんな言葉で彼への思いをあなたは割り切って受け入れられるでしょうか?もしそれができるならば、あなたの恋は本物ではありません。あなたの恋が本物なら、確実に彼をゲットしなくては気が済まないはずです。







そんな本物の気持ちを持っているあなたの背中を押してあげたい一心で、私はノウハウ公開を決意しました。一番最初になぜ私が"片思いでは意味がない"と考えるように言ったか?

なぜなら片思いは、両思いへの段階に過ぎないからです。







一つずつ階段を上がれば、いつかは最上階に着く事ができるように、片思いの階段を一歩ずつ着実に昇る事で、必ず両思いになれます。







はじめまして。

私はこのノウハウの考案者である、 飯田茜 と言います。







片思いに悩む多くの方と同じ様に、私もたくさんの恋をし、たくさんの不安な感情に苛まれ、眠れぬ夜を過ごしました。






それなので私自身片思いで苦しんでいる人の気持ちは痛いくらいにわかります。







ですから、今現在片思いに苦しんでいる人のことを考えると非常に歯がゆい気持ちになってしまい、居ても立っても居られない気持ちになり「このマニュアルを実践すれば彼を自分のものにできるのに・・・」と非常に切ない気持ちになってしまいます。







「そんなウマい話はない」と思われてしまうかもしれませんがこれは現実の話です。もしあなたが作り話と考えているうちは、片思いの苦しみから逃れる事はできないでしょう。







インターネットで片思いを検索すると・・・







「こうするだけで片思いを成就されられる」

「この一言で彼はアナタのモノになる」








なんて甘い宣伝文句がたくさん引っかかります。


続きはここから






片思いのまま終わりたくないあなたへ










素人可!金融情報を販売してみませんか



「ゼロ円からの錬金術」





完全無敵の自動ダウン構築マシン





資料請求はこちらから借金地獄・多重債務を解決します 






トップページへ


にほんブログ村 アフィリエイトブログへ
人気blogランキングへ



ブログランキング
<br />クチコミblogランキング TREview


人気サイトには信頼できる情報満載!ビジネス急上昇ランキング

無料投稿

アクセスアップには無料一括投稿まぐ★ぞ~ん
メルマガ一括投稿【ぴーあーる★ぱらだいす】
一括投稿YELLOW-NAVI
無料一括投稿「ビジネスTopClub」
無料一括広告“金銀財宝.com”
無料一括投稿発掘倶楽部














まぐ☆Club










スポンサーサイト

テーマ:恋愛・結婚について思うこと - ジャンル:結婚・家庭生活

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ganb1113.blog84.fc2.com/tb.php/373-fe76469a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

ばかもん

Author:ばかもん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する